マルゼン商事について

仕入れから販売までをトータルプレゼンテーション。
挑まなければ進歩はない。アグラをかいては前進できない。
マルゼン商事の社風、それは、あくなき挑戦。
意欲あふれるチャレンジマインドこそが、マルゼン商事の躍進の秘密です。

マルゼン商事は、関東エリアを中心に「食品の中間流通」を生業とする食品卸です。
これまで、卸売業者はメーカーの販売代行的な役割を果たしてきましたが、生活者ニーズが個性化・多様化した昨今では、小売業者が必要とする商品を積極的に模索・仕入れ・品揃えする、仕入れ代行的な役割も担い始めました。
マルゼン商事でも、メーカー製品の中から、小売業者に適切な商品を選択することはもとより、生産サイドや小売サイド、そして生活者サイドから発せられる、さまざまなデータを収集・分析。より良い食生活への提案を加味し、商品企画やプロモーション企画といった情報としてフィードバックすることで、生産・小売双方の戦略を支援。メーカーと小売業者、そして生活者を一本のラインで結ぶパイプ役として、食生活の変化に即応した独自のマーチャンダイジングを推進しています。

マルゼン商事は、小売店との自取引が9割以上。食品業界トップブランドメーカー各社の特約代理権を持ち、大手優良小売業、外食産業などへ直接納入しており、経営基盤を支える強固な柱となっています。